FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

関鉄シリーズ第四弾 キハ300形

02_10_08a.jpg 02_10_08b.jpg

【作者名】
青緑1号さん 30歳 東京都品川区
【制作時間】
1ヶ月
【素材】
MODEMO 国鉄キハ30形(補強板付) 他


プラキットとの格闘にも疲れ果て、
完成品の塗装変えで何とかなるものはないかな(だんだん手抜きになっていく…)と、
関東鉄道関連のホームページをネットサーフィンしていたら、出会ってしまった車輌。
実車と同じように行先表示器をプラ板で埋め、ブタ鼻ヘッドライトパーツを取付すれば、ほぼ完成。
塗装も外吊ドアの段差からの吹込とヘッドライト付近の処理さえ気をつければよく
(今までの関東鉄道3色塗装に較べれば、はるかに楽でした。)、
強烈な個性を放つ関東鉄道オリジナル気動車群からすれば、個性派とは言えないかもしれませんが、
なかなかどうして曲者としての存在感は抜群ですね。
豊富なバラエティーを楽しむにはもってこいの題材です。

(実車解説)
見ればわかる通り元国鉄キハ30形。
関東鉄道では逼迫する通勤通学輸送への対応と車種統一のため、
廃車となった国鉄キハ30系列に白羽の矢を立て、
1986年以降90年代前半の取手駅衝突事故後まで、積極的にキハ30系列を導入していった。
その第1弾は1両のみが筑波鉄道に導入。
行先表示器が撤去され埋められた他は比較的原形に近い姿であった。
導入して半年後に筑波鉄道が廃止となり、関東鉄道常総線に転属し、塗装は変わったものの現存する。
ちなみに第2弾以降は行先表示器もそのままに、常総線に直接導入され、
しかも新塗装色(現在の色)にて導入されたため、
クリーム/オレンジのツートンカラーでのキハ300はこの車輌のみとなった。

スポンサーサイト

2002.10.23 | Comments(0) | Trackback(0) | クラフトでGO!(N) 私鉄

«  | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

カレンダー(月別)

03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。