スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

薄(?)化粧

03_01_07a.jpg 03_01_07b.jpg 03_01_07c.jpg

【作者名】
地平を駈ける獅子を見た。さん 31歳 横浜市緑区
【制作時間】
1両あたり 約30分
【素材】
KATO タキ1000
赤錆色と思しきハードパステル数色
つや消し塗料


編成を組んで少し離れて見たときに、全ての車両が全検直後のようにきれいだとどうも不自然です。
特に貨車の場合は、旅客車ほど入念に洗車するはずもなく、
編成組替えが多いので1両1両汚れ具合が違います。

模型を実感的にするためのグレードアップ方法はいろいろありますが、
自分にも簡単にできそうだということで、ウェザリングを施してみました。
全体に艶消しを塗った後、ハードパステルの粉を振りかけ、筆で擦りこみます。
つや消し塗料は、パステル粉の食いつきを良くするのが目的なので、
スプレーできれいに塗るのではなく、筆塗りです。
ハードパステルは仕上がり具合を見ながら色を選び、カッターナイフで削って粉状にして振りかけます。

この作品は、電機のパンタグラフから飛び散る汚れ(錆?)を強調したかったのですが、
それにしては赤みが強すぎたようです。
つや消し塗料も、もっと丁寧に塗るべきだったと思います。
反省材料だらけの作品になってしまいましたが、
うまくウェザリングできれば時間も手間もかけずに実感的にすることができます。
皆さんもいかがですか?

スポンサーサイト

2003.01.30 | Comments(0) | Trackback(0) | クラフトでGO!(N) 貨車

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

カレンダー(月別)

03 ≪│2018/04│≫ 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。