スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

旧型客車万歳っ!

03_02_03a.jpg 03_02_03b.jpg
03_02_03c.jpg 03_02_03d.jpg

【作者名】
とわいらいとさん。23歳。奈良県天理市
【制作時間】
【EF56】
約半月
【EF57】
3日位
【素材】
【EF56】
キングスホビー EF56ボディーキット
KATO Ef57動力ユニット
?社 スポーク先輪
GM 葡萄色2号
【EF57】
KATO EF57
?社 EF57SG化パーツ他。


【EF56】
キングス製のEF56を組み立て、動力にはKATO製EF57のものを入れました。
なお、先輪はキットに付属していないので、別パーツを利用して見映えを向上させました。
(何処の製品か忘れましたが)

塗装は無難に葡萄色2号で。
パンタは余ったEF57からの移植ですが、旧型のデキらしく黒塗装を施してあります。
ナンバープレートは製品に付属のものを使いました。
少々葡萄色が濃いような印象ですが、あまり目立ちはしません。
なおヘッドライトは点灯するように加工してありますが、導光の関係上、綺麗には点灯しません(笑)

【EF57】
KATO製EF57を加工。
KATOの57はいわゆる「EG」タイプですので、東海道本線で活躍していた頃の「SG」タイプとは、
外観が少々異なります。

加工点としてはまず、
屋根上にモールドされているパンタからの配線、および碍子を削り、パンタ台脇のランボード等を削ります。
あと、運転助士窓の後方にあるEG表示灯も、もちろん削っておきます。
屋上配管を削ると、実は屋根の肩にあるベンチレーター(?)が不足しますので、
EF56を作って余った車体から切り出して張り付けておきました。
ここらへんは、KATOの57と並べると、加工点がよく分かると思います。
続いてSG煙突、各種ハッチ類を取り付け、葡萄色で塗装して完成。
このSG化できるパーツは、何処の製品か忘れました。(殴)
最後に。避雷器は角形のタイプを接着。たしかBONAのパーツだたっと思います。
さて、こうして出来た56と57を重連で走らせると、在りし日の東海道本線が再現出来ますね。

旧型客車万歳っ!

スポンサーサイト

2003.02.08 | Comments(0) | Trackback(0) | クラフトでGO!(N) 機関車

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

まとめ

カレンダー(月別)

06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。